メルカリカウルに本を出品したり部屋の整理をしていたら購入の通知が来た

本

最近メルカリカウルというアプリで長年ため込んだ本を出品しています。今なら本とDVDを定価の10%以下で出品するとその数に応じて最大3000ポイントもらえるキャンペーンをしているので大掃除がてらやることにしました。

メルカリカウルはスマホカメラに商品のバーコードをかざすと商品名を自動で入力し、中古品の適正価格を教えてくれるのでメルカリよりもとても出品しやすくて便利です。

そして同じ商品の比較もしてくれるのですぐ売れて欲しい時は安くすればいいし、安く買いたい時は検索すればすぐ分かります。購入された商品を発送する時は、スマホで出すバーコードを指定の施設の機械で読み取れば記入なしで手続きが済むのも便利です。メルカリは将来有望な日本企業なので応援の意味も込めてもっと利用して行きたいと思うのでした。

そして昨日からは長年積み上げて来た本たちをほこりをぬぐい取りながら出品しています。実家に戻って10年近く経ちますが、それ以前からの本が置きっぱなしになっている上に私が買って置くようになったので非常に手狭で、我ながらそんなところでよく生活していられるなと思いつつ作業をしました。

出てくる本からそう言えば昔お菓子作りやお菓子の歴史にはまっていたことがあったことを思い出したり、料理の本を買っていたものの結局そこに載っているレシピをひとつも試さなかったことを思い出したりしています。買って読まなかった本には大人の発達障害のものや、キリスト教についての識者の議論のものがありました。

それらはネットで一時期評判になっていた本でそれを本屋で見つけて衝動的に買ったのですが序盤を読んだだけで興味をなくしてもったいないことをしたと反省しています。

そんな作業をしている中、昨夜出品したものがさっそく売れたので、早く発送してあげようとすぐに緩衝材で包み、封筒に入れてガムテープで留めて近所のローソンで手続きをしたのですが、なんとその時スマホを見ると別の商品も売れたという通知が来ていてがっくり来ました。

さすがに発送のためにローソンに2往復するのは店員さんにどう思われるのか恥ずかしくてできないので2つ目の発送は明日回しにします。そして今は本の整理と出品の続きをまたしているのでした。